やっぱり地元が一番!平成30年和歌山市消防出初式にいってきた

イベントリポート

Engine666をご覧いただきありがとうございます。回収犬(@retriever666)です。

本日1/14は僕の地元である和歌山市の消防出初式に行ってきました。予行を見に行った際に撮影した記事で、同日開催の有田市消防出初式とどっちに行こうか迷っていると書いたのですが、やっぱり地元行っておかないと!と思い、和歌山市の出初式に行くことにしました。

本番は1/14!平成30年和歌山市消防出初式(予行)

毎年少しずつ出初式の内容を変えてくれる和歌山市の出初式、今回は放水演技と救助訓練を同時におこなうというものになりました。

それでは参加車両など掲載していきます。

和歌山市消防出初式、最高の出初式日和のもとで開催

昨年は雨の中で開催され、満足な防寒具や雨具をもっていない上にカメラのバッテリーを忘れるという失態をおかしました。今年は昨年と打って変わり晴れ渡った青空のもとでの開催となりました。

和歌山市消防局&消防団 参加車両

分列行進や一斉放水、駐車場にとまっていた消防車の中から出初式の予行の際の記事で紹介していない車両を中心に掲載していきます。

分列行進は消防団車両を先頭におこなわれました。

和歌山市消防局

東署河南出張所に配備されたばかりのポンプ車(和歌消河南ポンプ1)
ここ数年の和歌山市消防局の標準的なタイプです。

分列行進参加車両の中では一番古いタンク車(和歌消中タンク1)
大都市の消防ではすでに、予備落ちもしくは引退しているであろう年代の車両ですが、和歌山消防ではまだまだ現役バリバリ。引退はいつになるのやら。

はしご車(和歌消中はしご1)
消防の花型車両なだけに、見物する人々からも「かっこいい」との声があがりました。

支援車(和歌消中支援1)
はしご車と並ぶ大型消防車ですが、迫力はどうしてもこちらのほうが弱い?

津波・大規模風水害対策車(和歌消中救工2)
ナンバーが「889」…「はやく」っていうのが面白い車です。

見た目は普通の指揮車、中身は…小型ポンプと水槽をつけた即消機能付き指揮車(和歌消北指揮1)となっています。
2年連続で導入され、その次に導入された指揮車には消火機能がついていないようなので、実際の使い勝手は…?

高規格救急車(和歌消鳴滝救急1)
三代目ハイメディックが和歌山市に初配備されてから10年以上たち、どんどん入れ替わって行く救急車を見ていると時間の早さを感じます。

分列行進の最後、トリを飾ったのは救助工作車(和歌消東救工1)


展示コーナーには、中消防署の現役の救急車(和歌消中救急1)とポンプ車(和歌消中ポンプ1)がおいてありました。

中救急1は個人からの寄贈車で、2018年1月現在の和歌山市消防局最新の救急車です。

中救急1が展示されるのに伴い、中救急隊は予備車(和歌消東救急2)運用。まだこの車いきてたのかと驚きました。

ポンプ車の方は、前述の河南ポンプ1に至る現在の和歌山市消防局のポンプ車標準スタイルの元祖といえる車です。

一斉放水後に撤収していく消防車両たち。このあたりは予行の際の記事でも掲載した車両になります。

上から和歌消四箇郷ポンプ1、南ポンプ1、加太ポンプ1、東ポンプ1、紀伊タンク1、北化学1となります。四箇郷、南、加太のポンプ車は少し前のスタイルですね。

出初式を裏で支えるのは資機材搬送車(和歌消北搬送1)
式典に使用した物品を片付けるのに大活躍していました。

一斉放水会場での不測の事態に備えてか救急車(和歌消北救急2)もおいてありました。

本来は予防活動に使用される広報車も、お偉いさんの移動や物品の搬入に大活躍。

上が中広報2、下が中広報1。
今後、和歌山市消防局の予防活動に使用する広報車は、中広報1のようなスタイルになっていくのでしょうかね。

和歌山市消防団

軽バンタイプの積載車。

こちらは軽トラタイプの積載車。
地域特性にあわせて軽トラと軽バンを選んでいるのでしょうかね。

消防団車両駐車場にて発見したこちらの車両が、本日の大収穫。
大阪市消防局のポンプ車のような風貌で、1台だけ異質の消防車でした。どこかからの寄贈とかなんでしょうかね…謎の1台です。

対してこちらは他の分団より質素な車両。
消防団車両は奥が深い…

一斉放水&救助訓練

一斉放水と同時に救助訓練(というかロープブリッジ徒過披露?)がおこなわれたのが、今年の出初式の注目ポイントです。

一斉放水

一斉放水は例年通りでしたので、画像だけ。

救助訓練

一斉放水している最中、対岸に救助隊員がロープを使い渡っていきます。

水しぶきで寒そう…

こちらははしご車よりロープ降下。

最後は和歌山和歌山地方合同庁舎より救助隊員がロープ降下。

 

これにて僕の今年の出初式撮影は終了となりました。次は文化財防火デーの消防訓練撮影ですが、平日に開催されるところが多いのでどれだけいけるか…

気は早いですが、来年の出初式のプログラムも気になりますね。

では、また次回の記事で。