2019 大規模津波防災総合訓練

大規模津波防災総合訓練 イベントリポート

2019年11月2日に和歌山県和歌山市の和歌山下津港西浜地区をメイン会場、大阪府堺市の堺泉北港堺2区などをサテライト会場として開催された国土交通省主体の大規模津波防災総合訓練を見に行ってきました。

和歌山下津港メイン会場での訓練の様子

少し長めの開会式を経て、会場内に緊急地震速報が鳴り響くところから訓練開始となりました。

訓練中は大型モニターに状況が映し出されるとともに、アナウンスが適宜あったことから「いま何の訓練をしているか」がわかりやすかったです。

大規模津波防災総合訓練

避難の呼びかけ


緊急地震速報が流れた後は、陸上では警察および消防、市役所による避難の呼びかけがおこなわれました。

大規模津波防災総合訓練
空からは海上保安庁関西空港海上保安航空基地所属のMH687「みみずく」により避難の呼びかけ。

大規模津波防災総合訓練
海からは海上保安庁海南海上保安署所属の巡視艇「わかづき」による避難呼びかけ。

倒壊家屋・埋没車両からの救命救出訓練

和歌山市消防局、海南市消防本部、紀美野町消防本部、那賀消防組合消防本部、和歌山県警察広域緊急援助隊、陸上自衛隊第37普通科連隊、日本赤十字社などによる救命救出訓練は会場配置の関係で近くで撮ることができずもどかしかったです。

大規模津波防災総合訓練

大規模津波防災総合訓練

大規模津波防災総合訓練

大規模津波防災総合訓練

大規模津波防災総合訓練

大規模津波防災総合訓練

ライフライン復旧・道路啓開、海上火災消火訓練など

大規模津波防災総合訓練

大規模津波防災総合訓練 大規模津波防災総合訓練

大規模津波防災総合訓練

大規模津波防災総合訓練
道路寸断地域への重機投入という想定で、起重機船により国土交通省の分解組立型バックホウを陸揚げ。
その後ろでは海上自衛隊阪神基地隊所属の掃海艇「つのしま」が活動を行なっています。

大規模津波防災総合訓練

大規模津波防災総合訓練 大規模津波防災総合訓練

大規模津波防災総合訓練

大規模津波防災総合訓練
海上保安庁第五管区海上保安本部所属の測量船「うずしお」による深浅測量

大規模津波防災総合訓練 大規模津波防災総合訓練
民間タグボートによる流出油火災を想定した消火訓練
堺サテライト会場の方では、ドラゴンハイパーコマンドユニットも参加した陸上での消火訓練もおこなわれたようです。

各種航空機による訓練

この訓練で一番楽しみだったのが、海上自衛隊の救難飛行艇US-2の参加でした。どこの訓練会場に現れるのだろうと思っていたのですが、メイン会場に現れてくれてとても安心しました。

大規模津波防災総合訓練 大規模津波防災総合訓練
ゆっくりと和歌山下津港上空を飛行するUS-2
はじめて実物をみたのですが、思っていたより静かでゆっくりとした動きでした。

大規模津波防災総合訓練
航空自衛隊浜松救難隊の救難捜索機U-125Aも和歌山下津港上空を飛行。70-200mmのレンズを持って行ったのですが、100-400mmの方にしておけばよかったなと撮影しながら思いました。

大規模津波防災総合訓練
予想外の収穫だったのは、和歌山県警ヘリ「きのくに」。前のBK117はなんども撮影しているのですが、H135になってからは初めての撮影となりました。

大規模津波防災総合訓練
国土地理院の測量用航空機「くにかぜ3」
被災地の緊急撮影訓練をおこないました。

大規模津波防災総合訓練
会場漂流者を巡視艇より吊り上げて医療機関へ搬送する訓練をおこなうMH687「みみずく」

大規模津波防災総合訓練

参加車両の一部

訓練に参加した車両、展示ブースで展示された車両の一部です。

大規模津波防災総合訓練
和歌山市消防局・救助工作車

大規模津波防災総合訓練
国土交通省近畿地方整備局近畿技術事務所・対策本部車

大規模津波防災総合訓練
国土交通省近畿地方整備局・衛星通信車

大規模津波防災総合訓練
大阪ガス・緊急作業車

大規模津波防災総合訓練
国土交通省近畿地方整備局和歌山河川国道事務所・排水ポンプ車