【舞鶴グリーンフェスタ2019】一般公開された艦艇

舞鶴グリーンフェスタ2019 自衛艦

一般公開された他基地所属の艦艇

続いて舞鶴以外の基地からやってきた艦艇です。

潜水艦「くろしお」

舞鶴グリーンフェスタ2019
海の忍者として恐れられる潜水艦。舞鶴グリーンフェスタ2019で公開されたのは、おやしお型潜水艦「くろしお」です。

私自身、はじめて潜水艦を間近で見ることができ、和歌山から3時間かけて行った甲斐がありました。

舞鶴グリーンフェスタ2019
セイル

舞鶴グリーンフェスタ2019
セイルのこんなところにハッチがありました。

舞鶴グリーンフェスタ2019
潜水艦の艦体は思っていたより硬かったです。吸音材が貼り付けらていて、ゴムのようなものをイメージしていました。

舞鶴グリーンフェスタ2019
後部からみた「くろしお」

潜水艦といえば漫画や映画の中の存在だったのですが、実際に間近で見ることができ、ますます興味が湧きました。

特務艇「はしだて」

舞鶴グリーンフェスタ2019
海の迎賓館とも称される豪華な内装をもつ特務艇「はしだて」。グレーと白の二色で塗装されています。

舞鶴グリーンフェスタ2019
後部からみた「はしだて」。まるで遊覧船のような外観です。

舞鶴グリーンフェスタ2019
甲板はおしゃれな色の木製です。

舞鶴グリーンフェスタ2019
これまたおしゃれなベンチ。

舞鶴グリーンフェスタ2019
外観だけでなく中身も遊覧船のような感じです。

舞鶴グリーンフェスタ2019
国外の海軍関係者との会議や会食、式典の会場として使われるのが本来の任務ですが、医療支援任務に使われることもあるそうでそれに関したパネル展示などもおこなわれていました。

写真は、負傷者を洋上でヘリにより釣り上げる際の様子を再現したものです。

舞鶴グリーンフェスタ2019
高級ホテルのエントランスのような区画。

舞鶴グリーンフェスタ2019
豪華な内装の部屋。


一度に多くの艦艇を見ることができ、それぞれの艦艇による内装や外観の違いを見比べると、究極の様式美のようなものを感じることができました。