救急車サイドデザインコレクション(東北地方・近畿地方)

救急車サイドデザインコレクション 消防車両

救急車の車体サイドのデザインは、日本全国各地の消防本部によって違います。シンプルなものから派手なものまで…各地から多くの救急車が集まる緊急消防援助隊ブロック合同訓練などでは、多種多様なデザインの救急車を見比べる事ができます。

今回の記事では、2018年11月に開催された緊急消防援助隊北海道・東北ブロック合同訓練を中心に、これまで各地の防災訓練などで撮りためた救急車の車体サイドのデザインを紹介します。

平成30年度緊急消防援助隊北海道・東北ブロック合同訓練参加の救急車

まずは平成30年度緊急消防援助隊北海道・東北ブロック合同訓練に参加していた救急車の一部のデザインです。

置賜広域行政事務組合消防本部

置賜広域行政事務組合消防本部
置賜広域行政事務組合消防本部米沢消防署の救急車は、「愛 Yonezawa」という表記もそうですが、どこかのスポーツチームのようなデザインの「Paramedic Team」表記が特徴的です。

下北地域広域行政事務組合消防本部

下北地域広域行政事務組合消防本部
下北地域広域行政事務組合消防本部むつ消防署の救急車は、赤線と消防署名の表記が太いのが特徴的です。

横手市消防本部

横手市消防本部横手市消防本部の救急車は、どこかの企業の車のような感じがするデザインとなっています。

須賀川地方広域消防組合

須賀川地方広域消防組合須賀川地方広域消防組合須賀川消防署の救急車は、ガラス部分の「119 LIFE SUPPORT」のロゴが特徴的です。

鯵ヶ沢地区消防事務組合消防本部

鯵ヶ沢地区消防事務組合消防本部鯵ヶ沢地区消防事務組合消防本部鯵ヶ沢消防署の救急車は、「E.M.T」がどでかいのと魚のキャラクター、これまたどでかいスターオブライフが特徴的なデザインです。

釜石大槌地区行政事務組合消防本部

釜石大槌地区行政事務組合消防本部釜石大槌地区行政事務組合消防本部の救急車は、黄色いイナズマと心電図を模したデザインが施されているのが特徴的です。

会津若松地方広域市町村圏整備組合消防本部

会津若松地方広域市町村圏整備組合消防本部会津若松地方広域消防本部の救急車は、二色の青色を使った「AIZU HIMEDIC」の表記が特徴的です。

長岡市消防本部

長岡市消防本部長岡市消防本部の救急車は、青色で本部名を漢字と英語で表記し、EMSとわかりやすくデザインされています。シンプルにまとまっていて僕好みのデザインです。

各地の防災訓練で撮影した近畿地方各地の救急車

各地の防災訓練で撮影した近畿地方各地の救急車です。

泉州南消防組合泉州南広域消防本部

 泉州南消防組合泉州南広域消防本部泉州南広域消防の救急車の一部(旧・阪南岬消防の車両)は、大阪市消防局のように赤線がないデザインの救急車になっています。泉州南広域消防になり、赤線が入った救急車での更新が進んでいるのでこのタイプも絶滅まで長くないのではないでしょうか。

鈴鹿市消防本部

鈴鹿市消防本部
鈴鹿市消防本部の救急車は、赤線がすべて心電図を模したデザインになっているのが特徴的です。一部だけ心電図ぽくするのはたまにみますが、全部はなかなかないのではないでしょうか。

京都市消防局

京都市消防局京都市消防局の救急車は、本部名が赤字で表記されているのが特徴的です。

奈良県広域消防組合

奈良県広域消防組合奈良県広域消防組合の救急車は、E.M.Tの表記とスターオブライフ、所属表記のどれもシンプルなデザインになっています。

和歌山県内各地の救急車

地元・和歌山県各地の救急車のサイドデザインです。

和歌山県北部の消防本部の救急車

和歌山市消防局 和歌山市消防局 和歌山市消防局私の住む和歌山市を守る和歌山市消防局の救急車です。上が最新のデザイン、下2枚が旧デザインになります。個人的には旧デザインの方が好きなのですが、現在主流のトヨタ・三代目ハイメディックには新デザインのほうがあっていますね。

伊都消防組合消防本部伊都消防組合消防本部の救急車は、「DO OUR BEST TO SAVE LIVES」という英文表記がされています。日本語訳すると「命を救うために最善を尽くす」という意味になり救急隊の力強さを示していると感じます。

紀美野町消防本部紀美野町消防本部の救急車は、「KIMINO FIRE DEPT」という四角く囲まれた英語表記がブランド物ぽくってなかなか良いデザインです。

海南市消防本部海南市消防本部の白抜き本部名表記が特徴の救急車。EMSを三度に渡ってアピールしています。残念ながら現在第一線で運用されている車両は、ほぼ本部名表記だけのようなシンプルすぎるデザインになっています。

那賀消防組合消防本部那賀消防組合消防本部の救急車は「LOVELY NAGA」がトレードマークだったのですが、ここ数年で導入された救急車には「LOVELY NAGA」表記が入らなくなってしまいました。

和歌山県中部の消防本部の救急車

御坊市消防本部御坊市消防本部に配備されている絶滅危惧種のトラックベースの救急車は、本部名のフォントがレトロな印象をうけるものです。

日高広域消防事務組合消防本部日高広域消防事務組合消防本部の救急車は、スターオブライフに救命の連鎖を表す4つの輪、所属署を表すH、消防章などシンプルながら救命救急を担う乗り物であることがすぐわかります。

有田川町消防本部心電図を模した赤いラインが目立つ有田川町消防本部の救急車。ルーフサイドの「EMS」の表記も相まって、シンプルすぎず派手すぎないかっこいい救急車です。

和歌山県南部の消防本部の救急車

串本町消防本部「エルトゥールル」号遭難事件以後、トルコとの交流が続く本州最南端の町である串本町の消防署に配備されている救急車。「おすまん」という愛称とともに、シンプルなデザインですが「救急」の文字の位置がなかなか面白く感じます。

田辺市消防本部車体中央に赤文字で本部名と署名がデザインされている以外は、病院の救急車のようにシンプルなデザインの田辺市消防本部の救急車。